可視光応答形光触媒による新型コロナウイルス不活化を東工大などが確認

東京工業大学(東工大)、奈良県立医科大学、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは9月25日、世界で初めて可視光応答形光触媒材料(CuxO/TiO2)による新型コロナウイルス (COVID-19) の不活化を確認したこと、及びその不活化条件を実験的に明らかにしたと発表されました。


可視光応答形光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認

LINEで送る
Pocket