光触媒とは

光触媒とは、光触媒加工された表面に、空気中を浮遊しながら近づいてくる細菌・雑菌・カビ菌・ウイルス・アレルギーやシックハウス症候群の原因となる化学物質・悪臭・ヤニ汚れなどの有害物質などを光の力で分解無害化してしまう作用のことです。

光触媒のしくみ

1.電子が酸素に結びつく

酸化チタンに光エネルギー(紫外線)が当たると、その表面から電子(-)が飛び出します。飛び出した電子は空気中にある酸素と結びつき「O2-」(スーパーオキサイドアニオン)を生成します。

2.空気中の水分から電子を奪って元に戻る

電子が飛び出した表面はプラスの電荷を帯び空気中の水分(H2O)から電子を奪い元に戻ります。一方、電子を奪われた水分は「・OH」(ヒドロキシラジカル)となります。
*電子の抜けた穴があき「プラスの穴」正孔(せいこう)と呼ばれる。また、ホールとも呼ばれる。
*H2Oと反応する前に直接、有機化合物から電子を奪い分解してしまう場合もある。

3.分解・発散

この電子の移動により出現した「O2-」と「・OH」の強い酸化分解力により、近づいてくる悪臭・汚れ付着の原因となる油分・雑菌・有害科学ガス・ウイルス・カビなど有機化合物を無害で単純な物質にまで分解し空気中に発散します。

酸化チタンって

酸化チタンは白色の粉末(超微粒子)で古くから白色顔料として使用されています。塗料をはじめ歯科材料、歯磨粉、化粧品など、また無味無臭で人畜無害なため食品添加物(着色料)としてホワイトチョコレート、お菓子、ガムなどにも幅広く使用されています。
※正確には「二酸化チタン」ですが、食品添加物の表示で「酸化チタン」とするように義務付けられています。


4.パルクコート光触媒動画


光触媒についてわかりやすく動画でご紹介します。 日本が誇る最新技術をパルクコート施工事例で解説しております。

光触媒についてもっともっと詳しく知りたいお客様はこちらのサイト
(光触媒工業会 (PIAJ) http://www.piaj.gr.jp/roller/contents/entry/200706118)をご覧ください。