FAQ

A
高い効果があります。シックハウス症候群の原因は揮発性の有機化合ガス(VOCガス)。光触媒は消臭効果と同様に危険な有害ガスも分解無害化します。
新築住宅の場合、建材等は厳しい検査の上、採用されていますので基本的には問題ありませんが、入居後にシックハウス症候群を発症する例が多く、その原因は、輸入品の家具やソファー等と言われています。しかし、一度揮発したVOCガスは、室内中に吸着し、その後、ジワジワと発散して人体をむしばんでいきます。入居前に室内全体に可視光型光触媒をコーティングしておけば、発散したVOCガスを分解し続けるので安心です。但し、締め切った上に光も入らない状態ではNGです。入居直後はよく換気して、なるべくカーテンを開けて光を取り込むことで光触媒の活性を最大限に利用しましょう。

A

光触媒とは太陽や室内照明などの光が当を受けることによって、その表面から電子()が飛び出します。飛び出した電子は酸素と反応し「O2-(スーパーオキサイドアニオン)を生成。一方、電子の抜けた穴()は大気中の水と反応し「・OH」ヒドロキシラジカルとなります。この2種の強力な分解力によって、汚れの原因となるカビ、コケ、油分などを分解します。また、室内においてはシックハウスの原因となる有害物質や悪臭、雑菌、ウイルスなどを分解除去することができる環境浄化機能を持つ物質です。光が当たることによって繰り返しこの作用が起こり、光触媒自体は変化しません。ようするに、光触媒は 『光が当たることによって様々な有害物や悪臭、汚れなどを分解し、快適環境を繰り返し作り続けます。』

A

光触媒作用をもつ物質は多数有ることが判明しています。しかし、その中で群を抜く反応を示す物質が「酸化チタン」です。現在、身の回りで利用されている光触媒はのほとんどは、「酸化チタン」です。

A

光触媒の特長は、電気などのエネルギーを一切使わずに自然の光や降雨を利用してセルフクリーニング機能を持つと言うことです。
この作用が上手に働く為には、光と雨が欠かせません。また、発生量に分解力が上回らなければ徐々に汚れが蓄積されます。

これは、構造上の問題が大きく関わり、雨水が繰り返し同じ所を通ったり、細い隙間などに水が溜まり乾燥しにくい状態があったりなど色々な要因により部分的に汚れが出てしまう場合が有ります。
但し、大半は光触媒機能により汚れを防止するので年に数回、部分的なメンテナンスにより美観を維持することが出来るのです。

A

パルクコートコーティング剤シリーズのPALCCOAT MOLD(カビ抑制強化タイプ)は、極微量の紫外線に反応。光の当たらない北面においても紫外線は届きます。

下の写真は、建物北面の緑の藻が生えているところに、上から吹き付けて、観察したものです。
ご覧の通り、時間はかかっていますが徐々に分解しているのが解ります。

A

パルクコートコーティング剤シリーズのPALCCOAT MOLD(カビ抑制強化タイプ)は、極微量の紫外線に反応。光の当たらない北面においても紫外線は届きます。

下の写真は、建物北面の緑の藻が生えているところに、上から吹き付けて、観察したものです。
ご覧の通り、時間はかかっていますが徐々に分解しているのが解ります。